地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市稲毛区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市稲毛区の地域情報サイト「まいぷれ」

日川先生の脳の発達のお話

 太郎塾 宮野木教室のニュース

日川先生の脳の発達のお話
11月も後半に入りました。
受験生たちも、受験校を決定し、追い込みに入る時期になります。
とは言え、やらなければいけないのは、わかってはいるけれど、
色々なことで心が揺れ動く時期でもあります。
実はこれには、成長期における身体や脳の発達も大きく関係しています。
そこで今回は、年齢別の脳の発達についてお話をさせていただきます。
いちばんわかりやすいのは、「スキャモンの成長曲線」のグラフです。
一番上部にある図になります。

これは、20歳のからだを100%と考えたときのそれぞれの成長の度合いをグラフ化したものです。
この中で脳は神経型にあてはまります。
生まれてから5歳ころ (年中) までに80%の成長を遂げ、
12歳 (小6または中1) でほぼ100%になります。
ちょっと難しい話になりますが、
この時期は、神経系の発達の著しい年代で、
さまざまな神経回路が形成されていく大切な時期です。
そして、この時期にできたものはなかなか消えません。
いったん自転車に乗れるようになると
何年間も乗らなくてもまた乗れることができることから
ご理解いただけると思います。
ただ、この時期の子供たちは、集中力が長続きせず、
常に新しいものに興味が移っていくのも特徴です。
この現象は神経回路の配線をより
多様に形成していこうとする自然な欲求の現われなのです。
この脳の成長を大きく3つの段階に分けてお話をします。

●プレ・ゴールデンエイジ と呼ばれる「年中から小学校 低学年期」 (およそ5歳から7歳)
脳の発達過程時期です。
その子の好きなことを尊重して、脳の土台作りの時期です。
この時期のテーマは、「興味を持つ」ことです。
ここで、サッカーやバスケなど、スポーツを始めると、
ずっとそれが生活の軸になります。
ここで、ジグソーパズルや折り紙などの学習を始めると、
ずっとそれが生活の軸になります。
基本的な動作の反復練習に向いている時期です。

●ゴールデンエイジ と呼ばれる「小学校 中学年・高学年期」(およそ7歳から10歳)
脳の発達がおおよそ完成にさしかかる時期です。
ここまでに興味を持った子どもたちは、
「自分でやりたい気持ち」が強まり才能を
発揮する仕組みが働いてくる時期です。
さまざまな考え方や応用に
対応できる言わば急成長できる時期です。

●ポスト・ゴールデンエイジと呼ばれる「中学生」(およそ11歳から15歳)
いわゆる2次成長期 (思春期) に入ります。
脳の発育に続き、一般型の発育が盛んになる時期です。
身長が急に伸びたり、体格が男性・女性らしくなってきます。
自己肯定と自己否定が同居する時期です。
ここで自分の求めるものの模索を始めます。

「つ」のつくうちは「こども」だよ。(ひとつ ふたつ みっつ・・・やっつ ここのつ)
「とう (10歳)」になるまでにしつけを身につけなさい。
江戸時代の子育ての言葉に
「三つ心、六つ躾、九つ言葉、十二文、十五理」があります。

次回は、このお話のつづきをさせていただきます。

◆───-- - - - - – --───◆
太郎塾 宮野木教室
〒263-0054 千葉市稲毛区宮野木町1722-128
TEL:043-259-9389
受付時間 13:00~22:00
定休日 日曜、祝日
    テスト前は日曜、祝日も教室を開けます
    くわしくは教室までお問い合わせください
◆───-- - - - - – --───◆

カレンダー掲載内容

タイトル本の読み聞かせ
日付2018年11月28日, 12月12日
ラベルイベント
学習塾・予備校[学習塾]

太郎塾 宮野木教室

太郎塾のイベントカレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。