地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市稲毛区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市稲毛区の地域情報サイト「まいぷれ」

日川先生の定期テストのおはなし

 太郎塾 宮野木教室のニュース

日川先生の定期テストのおはなし
こんにちは。
太郎塾の日川です。

11月に入りました。
あちこちで紅葉の知らせを耳にしますね。

今回は、定期テストで80点以上をとるための勉強法について述べます。

先月、通知表を受け取ったばかりなのにもう定期テストが始まる学校があります。
さつきが丘中学校は11月8日。
緑が丘中学校は11月15日。
草野中学校は11月16日。
ほとんどの場合 学校は、定期テスト2週間前に「定期テスト範囲表」を生徒たちに配り、公表します。

太郎塾ではそれを受け取ったらすぐに持ってきてもらいます。
そして、テスト範囲はどこからどこまでなのか、提出物は何か、
といった情報を具体的に書き加えたりマーカーでチェックをします。

そして、塾生たちにはテスト2週間前からは、毎日塾に来て、
まずは提出物をきちんとていねいに進めるよう生徒たちに指導します。

80点以上を目標にしている生徒には、テスト1週間前までには、
すべての提出物を完了させるように指導しています。
そして、その後は徹底的にいろんな問題をまんべんなく学習するよう指導しています。

じつは、定期テストの問題は、提出物や授業中に学校で配られたプリント類から
60点程度(およその平均点)が取れるようにできています。
ですから、まずは提出物をきちんと進めることが重要になります。
つぎに、残りの20点をどうやって獲得するかですが、
これも実は提出物の中の応用問題から出題されています。
応用問題と言っても、A (例題レベル) と B (複雑な問題) がありますが、
圧倒的に その中のAから出題されています。

よく、どんな問題がでるのか 「やまをかける」と言いますが、
80点以上を目標にするなら、「やまをかける」必要はなさそうですね。
ただし、90点以上をとることを目標にする場合は別です。
たいていは、95点分は教科書や提出物やプリント類から出題されていますが、
残りの5点はそう簡単ではありません。
さらに、本番でケアレスミスが多い生徒は要注意です。

計算問題や英単語の問題でのミスは、たいていの場合、
紙に何度も書いて練習をしていないことがおもな原因です。
ふだんから、からだに染み込ませる努力をすることは重要です。

まとめますと、
定期テストで40点以下の点数をとってしまうと、
2の評価になってしまうことがあります。
かならず40点以上はとりましょう。
そのためには、提出物をきちんと期日に提出できるようにすること。
そのうえで、
平均点 (たいていは65点くらい) を目指すなら、
その提出物だけはちゃんとできるようにしましょう。
さらに、80点以上を目指す人は、
教科書と提出物や授業で受け取ったプリント類をしっかり学習しましょう。

太郎塾では、定期テスト対策を以下の要領で実施します。
もちろん、塾生も参加しますが、生徒募集の一環として体験での参加者も募集中です。
この機会にぜひご参加ください。

緑が丘中学と草野中学の生徒対象は、
11/4 (日) と11/11 (日) の2回。ともに午後2時から夕方4時まで。
小中台中学と犢橋中学の生徒対象は、
11/11 (日) と 11/18 (日) の2回。ともに午後2時から夕方4時まで。

しっかりと結果を残す人に育ってほしいですね。

次回は、11月14日 (水) から 始める
本の読み聞かせ おはなし会 (YOU教室) についてのお話です。

◆───-- - - - - – --───◆
太郎塾 宮野木教室
〒263-0054 千葉市稲毛区宮野木町1722-128
TEL:043-259-9389
受付時間 13:00~22:00
定休日 日曜、祝日
    テスト前は日曜、祝日も教室を開けます
    くわしくは教室までお問い合わせください
◆───-- - - - - – --───◆

カレンダー掲載内容

タイトル定期テスト対策講座
日付2018年11月4日, 11月11日, 11月18日
ラベルイベント
学習塾・予備校[学習塾]

太郎塾 宮野木教室

太郎塾のイベントカレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。